ロゴ

講座で学べる心理カウンセラーの基礎知識【適正判断も可能】

HOME>イチオシ情報>心理カウンセラーになるために通信講座を受けてみよう!

心理カウンセラーの適正

心理カウンセラーを目指す方の多くがTAエゴグラムと呼ばれる自己分析を行ないます。この自己分析で優しさを示すNPの数値が高いと心理カウンセラーに向いているとされているのです。一概にTAエゴグラムが正しいという訳ではありませんが、適正があるか知っておくことも大切なことと言えるでしょう。

心理カウンセラーに向いている人の特徴ランキング

複数の人
no.1

世話好き

人や動植物の世話が好きな方は心理カウンセラーに一番向いているとされています。悩みを抱えている方を放っておけないという性格が、心理カウンセリングとマッチしているのです。

no.2

大きな悩みを抱えたことがある

過去に大きな悩みを抱えていた方も心理カウンセラー向きと言えるでしょう。悩みにもよりますが、悩んだという経験がカウンセリングを行なう立場となった場合に共感力となって役立つのです。

no.3

聞き上手

話を聞くのが上手な方は、相手の話をしっかりと受け止めそれを相手に示すのも上手とされています。これはカウンセリングにおいてとても重要なこととなっているため、聞き上手はカウンセラー向きとなっているのです。

no.4

気配り上手・細かな部分にも気づく

細かな部分にも気づき、また気配りが上手な方も心理カウンセラーとして活躍できる素質をもっています。立ち回りが上手いということにもなりますので、相手との接し方や距離感を適度に保つことが出来るようになるのです。

no.5

熱心・一途

心理カウンセラーには様々な理論や多くの学者が唱えている心理学を学ぶ必要があります。こうした知識をひたむきに学ぶ姿勢を持っている方も心理カウンセラーに大切な特徴と言えるのです。熱心さや一途ということも欠かせませんね。

心理カウンセラーの活躍場所

心理カウンセラーとして活躍できる場所はいくつもあります。児童相談所や福祉施設などでも働くことが出来ますが、家庭裁判所といった場所などで働くことも出来ます。臨床心理士の資格も併せて取得すると、より活躍出来る場が広がっていくでしょう。

心療内科と精神科の比較

心療内科

心療内科ではカウンセリングを中心として治療を行ない、基本的に薬を処方することがありません。心のケアをカウンセリングを通して行なうということが心療内科の特徴となっています。

精神科

精神科は薬を使って治療を行ないます。心療内科同様にカウンセラーがカウンセリングを行なって判断を行ないますが、医師や臨床心理士が中心となってカウンセリングをするという特徴があります。

心理カウンセラーになるために通信講座を受けてみよう!

男女

心理カウンセラーの講座

心理カウンセラーになるために、何から始めればいいのか迷う方もいるでしょう。実は、心理カウンセラーのための講座があります。施設に通って受講するものから、通信講座まであるのです。現在、仕事や家事でなかなか時間が取れない方でもこうした講座を利用することによって、基礎から心理カウンセラーに必要な知識を身につけることが出来るようになるのです。

女性

自分の経験を活かせる

心理カウンセリングでは、自分の経験を苦しんでいる誰かの役に立たせることが可能となっています。自分と似た境遇の方であればより気持ちも理解しやすくなるので、カウンセリングも行ないやすくなるでしょう。そのための知識や相手の心を引き出す技術を講座などで学べるので、教育を受けることが重要となるのです。

講座を受けて心理カウンセラーを目指す

心理カウンセラーには様々な方法でなれます。最近では通信講座による資格取得が人気になっており、社会人や主婦などによく利用されているようです。自分の経験を活かすことも出来ますし、世話好きや話を聞くのが好きといった自分の性格をうまく活かすことも出来ますよ。